月別アーカイブ: 2018年2月

羊々の2種類のたれ、どう使ってます?

羊々所沢ではジンギスカンをおいしく食べていただくために、
オーソドックスな醤油だれと
ちょっと辛めの味噌だれの2種類のつけだれを
ご用意しています。

13年以上三軒茶屋店からずっと見ていますと、
みなさんにたれの好みがいろいろあるということがわかります。
それでは各派をご紹介しましょう。

●ジンたれ保守本流派

たれの使い方として意外と多いのが、
絶対醤油だれだけしか使わない派です。

これは北海道ご出身の方や子供の頃から
醤油だれのジンギスカンに馴れ親しんで来られた方に
多く見られます。

味噌をお勧めしても絶対に使わない方もいらっしゃいますので、
特別に醤油だれ原理主義と呼ばせて頂いてます(笑)

●辛口刺激大好き派

たまに味噌だれしか使わない方もいらっしゃいますが、
これは味噌だれを辛めに作っていますので、
辛いもの好きな方やなぜか外国からの方に好まれるようです。

●二刀流または自由味覚派

両方を均等に使う方や、
肉は醤油だれで食べて野菜を味噌だれとか
使い分けて変化を楽しむ方もいます。

また醤油と味噌を合体させて
自由に新たな味を追求される方もいらっしゃいます。

これら個性的な各派に、
一味唐辛子、おろしニンニク、豆板醤の味と
香りを確変させる刺激系調味料が加わりますので、
組み合わせや投入量でまた各小派閥が生まれます。

たまにはいつのも味を変化させてもおもしろいのでお試しあれ。
ともあれおいしいなら何でもOK!なのが羊々的結論です。

【ご予約・お問い合わせ】

●来店のご予約や、その他のお問い合わせは、
 お電話にて承っています。
 こちらのページからどうぞ。

【お知らせ】

●店内用に温かいひざ掛けをご用意していますので遠慮なくお申し付けください。

●お子さま連れでテーブル席が取れなくお帰りになっていたご家族のために、
 カウンターでも座れる子どもさんのための椅子をご用意しました。
 どうぞご利用ください。

部屋ジンギスカンはちょっとたいへん・・・ですよね?

子供の頃わたしの家では、
部屋ジンギスカンは禁止でした。

ジンギスカンを食べることができるのは、
冬以外の晴れた日の日曜日か祝日だけ。

庭にゴザをしいて七輪に火をおこして
新聞紙で作ったエプロンをつけ、
匂いも煙も脂も気にしないで
がんがん食べたものです。

まあ子供はいつもと違う食卓以外でのごはんは
特別なイベントでそれはそれで楽しく、
いつもよりたくさんの肉やご飯を食べたものでした。



ただなぜ外だったかといえば、
母が「部屋に匂いがつくのがイヤ」だったから。

たしかに子供は部屋の匂いなんて気にもしなかったし、
何日かジンギスカンの香りが残っても
おいしかった思い出として楽しめたぐらい。

しかし親の方としてはそうゆうわけにはいかなかったようで。



まあそれでも食べたいジンギスカンなんです。

でも今となっていざ家の中でジンギスカンを決行すると、
換気扇を最強で回しても、
拭き掃除をしても、
消臭剤をふりまいても、
数日間はジンギスカンの残り香でごはんが食べれるぐらい(んなばかな)匂います。

でも庭はないし、
ベランダじゃあお隣さんに迷惑だし、
食べたいときに食べたいし・・・



そんな悩めるご家庭のために羊々がありますよ!

おかあさんのお掃除の苦労、
おとうさんかも知れませんがそれもなし。

雨の日でも雪の日でも食べたくなったらいつでもどうぞ!
家庭平和に貢献するラムジンギスカン羊々所沢でした(笑)。


【ご予約・お問い合わせ】

●来店のご予約や、その他のお問い合わせは、
 お電話にて承っています。
 こちらのページからどうぞ。

【お知らせ】

●店内用に温かいひざ掛けをご用意していますので遠慮なくお申し付けください。

●お子さま連れでテーブル席が取れなくお帰りになっていたご家族のために、
 カウンターでも座れる子どもさんのための椅子をご用意しました。
 どうぞご利用ください。